入場無料でも見どころたっぷりカルナヴァレ美術館(パリ市歴史博物館)Musée Carnavalet

ピカソ美術館やギャラリーが多く、旧市街地のような趣きが残るマレ地区に、カルナヴァレ美術館はあります。(別名:パリ歴史博物館)16世紀から20世紀の歴史的邸宅が、歴史的資料や文章コレクションが集められた、パリで一番古い美術館です。

パリの改造計画で失われる資料や調度品などを集めた博物館を作るため、1866年にパリ市が購入し、1871年に一般公開されました。隣接していたパリ市立歴史図書館をル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー館と改名し、1989年に美術館の一部となりました。

パリの原点から現在に至るまでのパリの歴史を、年代順に回ってタイムスリップしてみましょう。

カルナヴァレ美術館のクイック情報

入場料:無料
予約タイムスロットの予約:なし
開館時間:10:00-18:00(最終受付:17:15)
閉館日:月曜、祝日
空いてる時間帯:10時-13時頃
所要時間:2-3時間
作品数:約62,5万点、展示数:3,800点
作品の種類:印象派、ポスト印象派、パリ前衛芸術
芸術形式:絵画、彫刻、家具、工芸品、装飾美術品、歴史的オブジェ、考古学コレクション、看板、写真、デッサン、版画、ポスター、メダル、コインなど
建設立:1548年(カルナヴァレ館)、1688年(ル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー館)
建築様式:ルネッサンス様式
建築家:フランソワ・マンサールが1660年にカルナヴァレ館を改修、1960年代に建築家ピエールバレットがル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー館を建築
アドレス:23 rue de Sèvignè 75003 Paris
場所:パリ3区(マレ地区)、最寄り駅:Saint-Paul
ガイド付きツアー:5-7€(フランス語または英語
Webサイト:カルナヴァレ美術館

カルナヴァレ美術館の見どころ

リュイネス・ホテルの階段 (1660), 建築家ピエール・ル・ミュエ

カルナヴァレ美術館は、1548年に建てられたルネサンス様式、17世紀中頃にバロック建築の第一人者でもある建築家フランソワ・マンサールが改修しました。今ではパリの歴史を深く知ることができる魅力的なスポットになりました。

中世時代のパリの街並み:ジョルジュ・カイン・ギャラリー

カルナヴァレ美術館に入ると、まずはじめに少し錆びて味のある看板や標識が出迎えてくれます。16 世紀から 20 世紀のにかけて、当時の人たちはこの看板を見ながら石畳を歩いていたと想像したら、ノスタルジックな気持ちになります。

・地下:先史時代:考古学コレクションの部屋

新石器時代(紀元前6500から紀元前4500)の遺跡(パリ15区アンリ・ファーマン通り)から発掘されたオーク木のカヌー

初めのセクションは、紀元前9600年から中世時代のパリ市内から出土したコレクションです。青銅器時代(紀元前2000年-800年)パリが『パリシイ(Parisii)』と呼ばれていた時代に使用していた硬貨、香水やワイン、蜂蜜に使用したボトル(4世紀)が展示されています。

また次の中世時代セクションでは、哲学者ヴォルテールのアームチェア、7世紀レアール地区にあるイノセントの墓地と、ピエールサラザン通りのユダヤ人墓地(12世紀と13世紀にパリに設立したユダヤ人コミュニティ)など、パリで発掘された出土品は見る価値があります。

・1階(日本式2階):パリ中世時代(1547年から18世紀)、16世紀半ばから17世紀

この階は、異なる時代のインテリアが再現された部屋が展示されています。ロココ調の部屋、ルイネスホテル(Hôtel de Luynes、17世紀)、デュゼスホテル(Hôtel d’Uzès、18世紀)、ブルトゥイユホテル(Hôtel de Breteuli、18世紀後半)、ここがかつてカルナヴァレ邸宅として、当時のブルジョワな人たちが生活と美的感覚を体感できます。

・2階(日本式3階):フランス革命と19世紀初頭

ルイ=シャルルとマリー=アントワネットの肖像画(フランス王室の中で、最年少であり最も短い期間の王)

次のセクションでは、『人間と市民の権利宣言』から始まり、国民の不満や飢えから起こったバスティーユ牢獄を襲撃、王政の崩壊とルイ16世一家の最後の時など、フランス革命の象徴的な場面や人物に関する展示品が、革命の流れとともに詳しく学ぶことがきます。

タンプル塔に幽閉されていた時のルイ16世一家の家具

パリのタンプル塔に幽閉されていた時のルイ16世一家の家具や小物、ボードゲームが展示されています。興味深いのはマリー=アントワネットの髪の毛が入った指輪や髪飾りです。彼女は投獄生活のストレスまたは、処刑のために短髪にしたためなのか、彼女はグレーヘアーになったと聞きました。そこに展示されている彼女の遺髪は確かに真っ白な髪の毛でした。

フランス革命によって誕生し、最後の王となったルイ・フィリップ王の机。革命家によって机の金具が何かで無理やり壊された跡が、生々しく残っています。何か重要な手紙が収められていたのかもしれません。

ルイ・フィリップ王の机、1848年2月24日革命家による侵入の痕跡

・芸術家たちの痕跡

ベル・エポック(19世紀末から20世紀初頭):ジャン・ベロー、アンリ・ジェルべクス、ルイーズ・アベマを含む40点以上の絵画

最後のセクションでは、パリにゆかりのある芸術家たちの作品や遺品が展示されています。小説家マルセル・プルーストの最後の寝室から来た家具、シンプルな真鍮性のベッドで『失われた時間を求めて』のほとんどを構成しました。寒がりだった彼が常に着ていた毛皮のコートと杖、天井と壁に敷かれたコルクプレート(窓に表示)によって、外気や外の音を消していました。

アルフォン・ミュシャのデザイン、宝石店『フーケ』の店内装飾

アルフォン・ミュシャが手がけた宝石店『フーケ』の店内は灯りが少なく暗い印象でしたが、当時の照明は今と違いこのくらい薄暗かったのかもしれません。

建築家アンリ・ソヴァージュと家具職人ルイ・マジョレルによるオペラ大通り41番地にある有名なレストランを再現している『カフェ・ド・パリ』。色合いや家具は、シックでエレガントなアールヌーボーを見ることができます。ここでお茶をしたらどれだけくつろげるか想像してるとここで一息つきたくなります。

ベルエポック時代の『サロン・ド・パリ』

・現代のパリ(1917年から2023年のパリ)

藤田嗣治, Léonard Foujita: Café interior (1958)

2015年のテロ、2019年のノートル・ド・パリ大聖堂の火災、そして2020年の新型コロナウィルス感染症によるパンデミック、それによって引き起こされた大きな集団的感情を反映したパネルが展示されています。

カルナヴァレ美術館のカフェ・レストラン

カルナヴァレ美術館には、中庭にカフェ・レストラン『Fabulaファブラ』があります。テラス席のみのお店なので、春から秋までオープンします。(2024年4月8日から10月)

カフェは、飲み物からパスタやサンドイッチなどがあり、10時から18時、火曜日から日曜日まで営業しています。

レストランは、シェフ、トーマス・チザムが絵画のようなフランス料理を提供してくれます。19時半から夜中の2時、火曜日から土曜日まで営業しています。

トワイライトな時間に美術館を眺めながらのディナーは、時空を超えた夜にしてくれることでしょう。

予約はこちらから

パリのカルナヴァレ美術館は訪れる価値があるにはなぜ?

Place de l’Hôtel-de-Ville

・パリの豊かな歴史を網羅できる

パリ古代から現代と、特に今のフランスに重要な、フランス革命やパリ・コミューンなど重要な歴史的資料が豊富です。これによりパリの歴史や文化の変容を深く理解することができます。

・美しい建築とインテリア

美術館自体が歴史的な建物であり、16世紀にカルナヴァレ邸として貴族が住んでいたこと。また豪華なインテリアやその時代の生活様式を体感できます。

・入場無料で多様な展示品を鑑賞できる

カルナヴァレ美術館は、常設展示が無料で公開されています。フランス革命から有名人の遺品、装飾美術など多岐にわたる展示内容で魅了してくれます。

カルナヴァレ美術館の空いている時間帯、所要時間は?

・カルナヴァレ美術館の空いてる時間帯は?

私がカルナヴァレ美術館を訪れた時間は木曜日の12時頃でしたが、同じタイミングで入る人は3人。

初めの展示場所には、全体像を撮る人や、一点一点ゆっくり文字を観察している人などいて、10人ほどいました。部屋の大きさにもありますが、時々私しかいない展示室があったので、平日の10時から13時が空いていると思います。

・所要時間は?

地下から3階までひと通り見ると、2-3時間ほどかかります。

パリのカルナヴァレ美術館を訪れるためのヒント

・スーツケースなどの大きい荷物は持ち込めません。

・無料のセルフロッカーがあります。(40×36×36cm)

・写真撮影は許可されていますが、フラッシュや三脚その他の物理的な機器は禁止されています

・時代順(順番通り)に回るのをおすすめします。

・団体の方はこちらからオンライン予約が必要になります/(訪問予定日の少なくとも 6 週間前までにご予約)

・開催中の展示会についてはこちらから→カルナヴァレ美術館 

さいごに

カルナヴァレ美術館は、パリの歴史を深く学び、美しい建築やインテリアを楽しむことができます。多様な展示内容と無料での入場も魅力的です。パリを訪れる際には、パリの豊かな歴史を体感できるカルナヴァレ美術館を訪れてみてはいかがでしょうか。

パリ旅行必見!3大美術館のひとつ、オルセー美術館の魅力と見どころ

パリには美術館がたくさんありますが、その中でも印象派作品の宝庫ともいわれるオルセー美術館。セーヌ川沿いにあるその重厚な建物は、元はオルセー駅という鉄道の駅舎兼ホテルでした。

美術館のなかに入ると、ところどころで駅の雰囲気を感じられることでしょう。豊富なコレクションと歴史を感じさせる建物を歩き、時代を融合したこのオルセー美術館は、パリを訪れる際に外せないスポットと言えるでしょう。

オルセー美術館のクイック情報

入場料16€
チケット予約購入・予約→こちらから
開館時間9:30-18:00
(木曜日は21:45)
閉館日:月曜、祝日
無料開放日第一日曜(要予約)
所要時間3時間から半日
音声ガイド(日本語)あり(6€)
美術館の建設立 1900年(オルセー駅の鉄道駅舎兼ホテル)
建築家ヴィクトール・ラルー(オルセー美術館としては、1986年から開館)
作品数4000点以上
作品の種類印象派、ポスト印象派、パリ前衛芸術
芸術形式絵画、彫刻、家具、工芸品
有名作品ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、ポール・セザンヌ、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール
住所Esplanade Valéry Giscard d’Estaing 75007 Paris, France (Map
最寄り駅Solferino駅(地下鉄12)、Musée d’Orsay駅(RER C号線)

1, オルセー美術館に訪れる価値があるのはなぜ?

100年以上たくさんの人がこの時計を見ていただろう

・印象派とポスト印象派のコレクションが大多数を占めていて、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、エドガー・ドガ、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、ポール・セザンヌなど有名な画家の作品を一堂に見ることができる。

・オルセー美術館の建物が、1900年パリ万博博覧会のためにヴィクトール・ラルーの設計のもと、建てられたオルセー駅舎兼ホテル。その後1986年にオルセー美術館として開館されました。その壮大で歴史的な建物も見所の一つ。

・絵画だけでなく、彫刻、写真、家具、装飾芸術など19世紀後半から20世紀初頭の多様なコレクションが展示されている。

・オルセー美術館では、定期的に行われる特別展やイベントが開催されていて、新しい視点で芸術を楽しむことができる。

・オルセー美術館からの上の階に行くと、窓からエッフェル塔やパリ市内の素晴らしい景色が一望できる。

2, オルセー美術館の見どころ

クロード・モネ『Preparatory sketches for plein air figure』(1886)

展示作品は、ガイドマップどおりに置かれていないこともありますが、絵画から彫刻、家具と工芸品など多岐に渡り4000点以上もの芸術が展示されています。

エントランスを抜けると、真っ直ぐと伸びるプロムナーデ、天井のアーチと時計が駅の面影を残しています。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ『Self -portrait』(1889)

オランダのポスト印象派の画家。彼の作品は、力強い筆致と艶やかな色彩で特徴づけられます。彼は生涯を通じて精神的な問題に悩まされていました、その不安や恐怖を、独特なうねりのタッチで表していると言われています。この絵画は彼が耳を切り落とした後の病院での療養中に描かれました。

・エドゥアール・マネ『Berthe Morisot au bouquet de violettes』(1879)

フランスの画家で、印象派の先駆者、印象主義とリアリズムの橋渡しをし、モダンアートへの道を開いたといわれています。この絵画は女流画家のベルト・モリゾが描かれています。彼女の柔らかい表情の中に力強い個性も感じられます。

ピエール=オーギュスト・ルノワール『Jeune femme à la voilette』(1875

フランスの印象派の画家。明るい色彩と柔らかなタッチが特徴です。彼の作品では『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』や『船遊びをする人々の昼食』といった日常の喜びが描かれた作品で有名です。またこの絵は、横向きでベールを被った女性が描かれていますが、彼女の持つ繊細さや女性の美しさを描かれています。

・ポール・セザンヌ『Les Joueurs de cartes』(1890-1895)

フランスのポスト印象派、近代画家の父と称されています。この『カード遊びをする人びと』は、違った構成で5枚描かれていて、プロヴァンスの農民がカード遊びに夢中になっている様子が描いています。彼の作品は、色彩と構造の調和を探究する点で評価されています。

個人的に好きな場所

(左)Ernest Barrias『Les Chasseurs d’alligators』1894、(真ん中)『Hector Guimard Gueridon Pedestal table』 1899 、(右)Èmile friant 『Ombres portées』1891

オルセー美術館の2階は、1880年から1900年の彫刻が並んでいます。そしてアールヌーボ様式の家具や、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、ピエール・ボナールの絵など飾られています。ここは長い石のベンチもあるので休憩するのにもいいのと、他の場所よりも比較的空いているので穴場です。

3, オルセー美術館の予約方法

左側Aはチケットあり、右側Cは当日チケット予約なしの入り口

オルセー美術館のサイト(こちら)からチケットを購入し、時間を予約します。そして当日は予約時間の30分前から入場できます。

私は水曜日の12時から訪れましたが、当日チケットなしの入り口には、外に30人ほど並んでいました。聞いたところ、当日の入場は平日でも並ぶそうなので、事前にチケットと時間を予約するのをお勧めします。

4, オルセー美術館の空いている時間

駅のプラットフォームの面影が残るオルセー美術館

オルセー美術館に訪れるおすすめ時間

私が訪れたのは水曜日12時でした。事前にチケットを購入して時間も予約していたので、待つことなく入れたのですが、中は人でいっぱいでした。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、ポール・セザンヌ、クロード・モネなどの巨匠たちの絵が並んでいるエリアが特に人が多かったのですが、一瞬人が少なくなった時があり、時間を見たら13時半でした。

13時頃から15時頃まで、比較的空いているように思いました。

オルセー美術館の所要時間

オルセー美術館の全作品に目を通すとなると、最低でも3時間は必要です。私は見たいものをじっくり見て、もう一度見たい作品はまた戻って、その他の作品は足早に見ていきましたが、それでも3時間半ほどかかりました。

オルセー美術館の中にはカフェやレストランがあるので、ランチを取りながら午後までゆっくり過ごしてみるのもいいかもしれません。

5, オルセー美術館のレストラン、カフェ

カフェ・カンパナ Café Campana(5階)。時計の向こうには、サクレクール寺院が見えます

印象派たちの絵を見ていくと、だんだんといい匂いがしてきます。時計がシンボルのカフェ・カンパナ『Café Campana』です。カジュアルなレストランですが味は保証つきです。

1900年代の装飾と天井のフレスコ画を見ながら食事ができるレストラン・ドゥ・ミュゼ・ドルセー『Restaurant du Musée d’Orsay: Le Restaurant』。ランチとティータイム、木曜日はオルセー美術館のナイト・ミュージアムに沿ってディナーもできます。

入り口から入ってすぐにあるセルフサービスのカフェ・デ・ラ・ガレ『Café de la Gare』、スナックや軽食をとりながら一休みできます。

6, オルセー美術館を訪れるためのヒント

Henri Fantin-Latour 『Coin de table』1872

・写真撮影は許可されていますが、フラッシュや三脚その他の物理的な機器は禁止されています。

・スニーカーとショルダーバックで、軽装で訪れることをお勧めします。

・ロッカーサイズ(35×35×25cm)を超える物は、クロークへ預けます。(2024年6月では事前に予約が必要だったので一度こちらからお問い合わせください)

オルセー美術館公式サイト→こちらから

・館内マップのダウンロードやこちらから

7, さいごに

ギュスターヴ・カイユボット Gustave caillebotte『Reboteurs de parquet』(1875)

私は特にどんな作品があるのか、下調べをせずに訪れました。感覚のまま、見たいものを見て、偉大な芸術家たちの作品を見て感情が色んな方向に動きました。

しかしその時代や作品の背景、アーティストの人生も知っていると、さらに楽しさが増すとも感じました。

かつて多くの人たちがこのルセー美術館の時計を見ながら、この場を交差していた時を想像しながら、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

パリに来た時にはぜひ訪れてみてください。