Article

『坂田一男 捲土重来』に学ぶ逆境をチャンスに変える力

展示風景

美術ブロガーの明菜です。ART HOURSでは、「ビジネスパーソンが美術展から何を学べるのか」をテーマに、オフィスから飛び出してアートから学ぶお手伝いをさせていただきます。

さて、今回は『坂田一男 捲土重来』をご紹介します。東京ステーションギャラリーにて、2020年1月26日まで開催されている展覧会です。

坂田一男(1889-1956)は、フランスでフェルナン・レジェに師事して抽象絵画を学んだ洋画家です。フランスで活躍した後、帰国してから岡山で前衛グループを結成し、後輩の育成にも努めました。しかし、生前も没後も坂田の仕事が紹介される機会は少なく、「忘れられた画家」と言えるほどです。

《キュビスム的人物像》1925年 岡山県立美術館

本展では、近代美術史研究者でもある造形作家の岡﨑乾二郎氏による監修の下、坂田一男のアートを読み解いていきます。ビジネスパーソンの皆さんは次の3つのポイントを参考に、逆境をチャンスに変える力を学ぶことができるでしょう。

①坂田一男とは何者か
②空間操作を読み解く「内と外」
③逆境でこその創造力

忘却された画家、坂田一男

坂田一男が画家として本格的に出発することとなったのは、30歳を過ぎてからのことです。1921年にフランスへ留学し、12年の間、フェルナン・レジェに師事しました。

展示風景

坂田は、レジェやその周辺の画家と絵画的理論を共有しており、当時の日本人画家としては珍しく近代絵画への理解が深かったと考えられます。一方で、そのために日本の近代絵画史からは孤立しているように扱われ、彼の仕事が知られてこなかった側面もあります。

複雑な空間操作がなされた坂田の絵画は、取っつきにくく感じられるかもしれません。そんなときは、物体の「内と外」を意識してみてはいかがでしょうか。次の項目では彼の重要なモチーフとして手榴弾を取り上げるので、内側と外側が重要なキーワードとなる例としても、ご参考いただければと思います。

繰り返し描かれる手榴弾

坂田は1933年にフランスから帰国します。この年はナチスが独裁政権を成立させた年であり、1937年には日中戦争が始まります。帰国から第二次世界大戦が終戦する1945年までの坂田の作品を見ると、一貫して抽象絵画に取り組んでいることが分かります。

とはいえ、扱われるモチーフは変化しているのでは、との見方をすることができます。この時期、坂田の絵画に登場する重要なモチーフが「手榴弾」です。

《コンポジション》1936年 個人蔵

手榴弾とは明示されていないため、一見すると壺のようにも見えます。ですが、遠くに投げるために長い柄が付いた手榴弾が実在しており、形状が坂田の絵画とよく似ているのです。

ある物体の内側には閉じた空間があり、外側には別の空間があります。空間の接続や反転、再封鎖は坂田を始めとする同時代の画家たちにとって重要なテーマでした。

展示風景

手榴弾の内部は、外部の空間を大きく変容させるパワーを秘めています。2つの異質な空間が同時に存在しており、閉ざされた空間が外部と接続するポテンシャルを秘めた関係を読み取れるのではないでしょうか。

さらに、手榴弾は絵画の中にありますが、もし本当に爆発したら絵画の中では完結せず、現実の空間をも変容させます。そのようなイメージを持って絵画を見ると、いつ爆発するのか分からない手榴弾に不安を感じ、絵画と自分と間に緊張感が生まれるのではないでしょうか。

展示風景

一貫した姿勢で絵画に取り組んでいたように感じられる坂田ですか、もしかしたら、戦争の抑圧に対する抵抗を絵画に込めていたのかもしれません。手榴弾は平面的かつシンプルな造形で描かれていますが、鑑賞者の不安を駆り立てることでしょう。

冠水による被害からの復活

坂田のアトリエは1944年と1954年の二度にわたって水害に遭って冠水したため、多くの作品が破損したり、失われたりしました。破損した作品には自ら修復を施したそうです。

《静物I》1934年 大原美術館

困難な状況において、坂田は冠水の被害を逆に活かして創作を行いました。《静物I》と《静物II》は水害の被害を受け、修復された作品とされていますが、絵具の剥落は残されています。剥落した箇所を丁寧に塗り直してはいますが、剥落が「無かったこと」にはされていません。厚く塗られた絵具の面とキャンバスの下地の面が1枚の絵に共存し、異なる時間や空間を見せる効果として活かされていると考えられます。

《静物II》1934年 大原美術館

また、《構成》も興味深い作品です。本作が描かれたのは水害後の1946年ですが、あたかも水害のダメージを受けたかのように絵具が剥落しています。剥落自体が坂田にとって必要な表現となったと考えられるでしょう。

坂田は水害のダメージを逆手に取り、異なる時間における空間を1枚の絵画に収める手法として用いたと見ることができます。アトリエの冠水という困難な状況下でも、制作に活路を見出した点は尊敬に値します。

《構成》1946年 宇フォーラム美術館

コツコツと作ってきた作品の多くが冠水の被害を受けたのですから、坂田のショックは察するに余りあるほどです。普通だったら折れてしまいそうですが、坂田には災害をも自らの創作に取り込んで新たな表現を獲得する打たれ強さがあったのでしょう。

ビジネスパーソンにとっても、逆境をチャンスに変える力は、現代社会の激しい変化に対応し、未来を切り開くために必要な能力です。坂田の制作における逆転の発想からは、きっと良い刺激を受けられるでしょう。

【まとめ】 『坂田一男 捲土重来』 をビジネスパーソンらしく味わう

展覧会を読み解くヒントとして、坂田一男とその制作についてお伝えしてきました。3つのポイントをおさらいしておきましょう。

①坂田一男とは何者か
②空間操作を読み解く「内と外」
③逆境でこその創造力

本展は約200点の作品を通して坂田一男を紹介する展覧会です。これまで研究が進んでいなかったこともあり、今回の展覧会の準備段階で新たな事実が多数浮かび上がってきたそうです。

謎多き画家ではありますが、本展ではフランス留学や冠水の被害を経て、淡々と新たな表現を切り開く打たれ強さを読み取ることができました。坂田の制作には、現代社会を生き抜くヒントが隠れているのではないでしょうか。

展覧会情報

『坂田一男 捲土重来』
会期:2019年12月7日(土)-2020年1月26日(日)
休館日:月曜日[1月13日、1月20日は開館]、12月29日-1月1日、1月14日(火)
開館時間: 10:00 - 18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
会場:東京ステーションギャラリー
展覧会HP: http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201912_sakata.html

文 美術ブロガー 明菜

Related

Page Top