Article

オフィスにアートを設置するには?正しい設置用具の選び方(前編)

■額の設置方法

「作品を購入したけれど、どうやって飾ったらいいのかわからない」という方のために、購入されたアート作品をご家庭やオフィス等で簡単に展示する方法をお伝えします。

今回は前後編に分け、5つの方法と、作品を外したあとに気になる穴の補修方法をご紹介します。作品のサイズや重さによって使い分けてみてください。

1.一般的な木ネジ(ビス)を使った方法
2.大きな作品も簡単!フック
3.鉄の壁なら取り付け1分!マグネットフック
4.ドローイングを傷つけずに展示する裏技!ネオジム磁石と画びょう
5.重たい作品にはコレ!ドッコ。ちょっとプロ感出てきます。

【番外編】穴を目立たなくする方法:穴埋めパテ

1〜5、全てに共通することですが、まず、絵をかける位置を決めます。
美術館やギャラリーでは、作品の中心を床から140-150cm程度に展示をすることが多いです。

❶ 一般的な木ネジ(ビス)を使った方法

一般的な木ネジ(ビス)からご紹介いたします。
これです。おそらくみなさん一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。これを1本ずつ壁に埋め込みます。

今回はドライバーで埋め込みますが、電動ドリルならより簡単です。絵をかける位置を決め、ドライバーでビスをうっていきます。

キュッキュッキュッ

額のサイズや重量に合わせ個数は決めてください。差し込む深さはこのくらいで大丈夫です。水平器などを使いながらビスの位置を水平の高さに埋め込んでください。

額の後ろにある紐を丁寧にかけて、水平を保てば完成です。

❷ 大きな作品も簡単!フック

続いて、フックのご紹介です。

これです。

合板・土壁・石膏ボードなどに利用できます。ビス同様に展示をする高さを決め、手で支えて同封されている針を斜めに打ち込みます。額の大きさや重さによってフックのサイズが変わります。

(穴1個=2kg程度 2個=4kg程度 3個=5kg程度)写真は4kg用(左)と5kg用(右)です。

高さを決めたらトンカチでドンドンドン。壁によっては大きな音がするので、極力昼間に作業を行うのが無難だと思います。


作品をかけます。完成です。

❸ 鉄の壁なら取り付け1分!マグネットフック

オフィスに多い鉄の壁の場合はこの方法がとても簡易的です。トンカチもドリルもなく、この方法がいいけど、うち、鉄の壁じゃない!という方も大丈夫です。鉄の壁でない場合は、画鋲を差し込んでください。磁石がくっつきます。

あとは、壁にかけるだけ。


簡単です!力技に自身のない方には一番手軽な方法だと言えるでしょう。

❹ ドローイングを傷つけずに展示する裏技!ネオジム磁石と画びょう

ドローイングを展示する際に、作品をあまり傷つけない裏技をご紹介します。用意するものはこれ。コンビニでも販売されている画びょうと、最近は100円均一でも目にすることが多くなったネオジム磁石です。 

まず、画鋲を刺します。絵のサイズに合わせて4箇所刺してください。

飾りたい絵を左手に持って、磁石を右手に持って絵を壁につけたら

完成です。

作品を額へ入れずに直接飾る際には、ぜひお試しください。作品を傷つけることなく飾ることができます。

❺ 重たい作品にはコレ!ドッコ。

大きな作品を展示するときに用います。ピクチャーレールがない空間や、ワイヤーを見せたくない場合におススメです。中心に丸く穴のあいた板を用意します。

そこに、ビスを埋め込みます。電動ドリルを使用するとあっという間にできます。

貼り付けが完了したら、額へひっかけて完成です。作品と壁面に隙間なく飾ることができますし、作品が傾くこともないので、ワイヤーよりも飾りやすいと思います。

番外編:穴の塞ぎ方

穴が空いてしまった壁、どうしたらいいの??
国土省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、マンションや室内の壁にあいた画鋲の穴は問題ないということになりました。

※壁等のくぎ穴、ネジ穴は賃借人の負担になります。

とはいっても、生活する上で気になりますよね。そんなとき、綺麗な壁にする方法をお伝えします。

使うのはこれ。「穴うめパテ」です。

【用意するもの】

穴うめパテ、ヘラ、ヤスリ、壁に使用しているものと同様のペンキ

まず穴が空いている部分を指で内側に押し込みます。これを2、3回程度繰り返したら、ヘラで「穴うめパテ」を塗ります。削るので多めに塗っておくのが良いでしょう。

乾いたら、凹凸がある部分をヤスリで削り、仕上げでペンキを塗れば完成です。

壁と同じペンキがない!という場合が多いかもしれませんが、穴を埋める際のご参考にしてみてください。

文・写真 Y.F by ArtScouter

Related

Page Top
メール メール